コツコツの大切さ

FXを始めたころは、ほんとに呆れるくらい何も知りませんでした。

ロング? ショート? トレンド? ひあし…? はぁ? といった感じだったので、これではいかんとFXの歴史を調べつつ用語も覚えていくようにしました。

毎日チャートを見て上がるか下がるか予想してみますが、難しいですね。

当然です。プロの証券アナリストでさえ、的中率は五分五分といいます。

ド素人の私なんかが太刀打ちできる代物ではないのです。

しかし、FXで稼いでみせる!と声高らかに(実際はひっそりと)誓った私は、儲かる仕組みは、多くの皆さんが言うように至極単純なことだと考えました。

安く買って高く売る、高く売って安く買い戻す、これだけです。

・・・これだけなのですが、これも皆さん言うように、相場は生き物で実際どう動くかは全くわかりません。

なので、最初のころはロットを0.01と小さくして、ショートかロングかでエントリーし、ちょっとでもプラスになったら即決済というのを繰り返していました。

少しずつですが、残高が増えていくのがとても嬉しかったです。

記念すべき最初の取引きは、AUD/NZDの通貨ペアで0.01ロットでショートでエントリーしました。その日の終わりには、109円増えました。

とても嬉しかったのを覚えています。・・・でも、これではFXで食べていくことはできません。

「一日に4桁くらい稼ぎたいなぁ、しかも朝のうちにトレードを終わらせて、パソコンに張り付いている時間はできるだけ短いほうがいいよなぁ、そんな虫のいい話はないよなぁ。」

などと思いながら、またあれこれ自分に合った取引きはないものだろうかと調べ始めました。

試行錯誤しながらいろいろ試してみました。

試験的なことをいろいろやってみたかったので、ロットは0.01と小さく、通貨ペアをメジャーなペアで何種類かチャートを開いて、成行注文と予約注文をチャートを見ながら入れてみたり。

何しろ、資金が10万円だけでしたので、大切に使わなければという気持ちで、尚且つ、絶対に増やしてやるという、強い気持ちも同時に持って臨みました。

掃除をしながらAIスピーカーで世界各国のニュースをよく聞くようになりました。

トランプ米大統領の動向や、パウエルFRB議長の演説の日程の確認を欠かさない様にしました。

もちろん、日本の阿部首相や黒田日銀総裁の動向もチェックを欠かしません。

今までは全くと言っていいほど関心がなかった世の中の出来事を同時に勉強できる、良い習慣になったとも言えると思います。

政治と経済は一緒、と知り合いのFPさんが言っている意味が、ようやく分かった時でもありました。

始めた当初から現在まで、大きく損をすることなくやってきましたが、大きくプラスになることもなくきています。

残高は減ったり増えたりで、トータルでプラスにはなっていますが、月に4桁、多い時で5桁稼げるのがいいとこです。

これで十分かなと、あまり欲張らずにコツコツやっていくのが私には合っていると思っています😆

予約注文で狙いを定めて、10ポイントずつずらしていくつかポジションを持って、10ポイント値動きがあったら決済、というのが一番利益を出しやすいというのが私の結論です。

実際毎日コツコツとそうやって利益を伸ばしています。

XMのリアル取引口座を開設する

TradeViewのリアル取引口座を開設する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です